再生エネルギーの代表格である太陽光発電の未来

ドイツに学ぶ太陽光発電

クリーンエネルギー先進国といえばドイツです。ドイツは世界に先駆けて国内すべての原子力発電所の稼働を停止した国として有名ですね。そんなドイツに比べるとクリーンエネルギー飲めんでかなり後れを取っているのが我が国、日本です。原子力発電所の事故を受けて日本はドイツに視察団を派遣してドイツのクリーンエネルギーの現場を学んできました。クリーンエネルギーに関してはドイツに学ぶことが多く、これからどんどん取り入れていきたいですね。

ソーラーパネルの普及

原子力発電所事故を受けて日本がまず力を入れたのが、再生エネルギーの筆頭である太陽光発電でした。太陽光発電を普及するためにソーラーパネルの設置に対して助成金を出したところ、爆発的にソーラーパネルを普及させることに成功しました。そのような結果、最近では使用していない田畑や山々にソーラーパネルを設置することが増えてきたのですよ。このような努力のかいあって日本国内では徐々にソーラーパネルが普及しつつあるようです。

ソーラーパネルの設置コスト

太陽光発電を普及させるためにはソーラーパネルが書かせません。設置業者では様々なサービスを付加することによってソーラーパネルを設置しやすいように尽力しています。ソーラーパネルの開発が進められたことにより、ソーラーパネルの耐久性が格段にアップしました。さらにはソーラーパネルを一度設置するだけでメンテナンスを必要としないソーラーパネルまで登場し、設置やメンテナンスがずいぶんとしやすくなったというメリットが有ります。

蓄電池の補助金を購入することによって、行政から補助金をいただくことができます。非常に便利な制度です。