シェアハウスに住む3つのメリットについて

費用が安く抑えることができる

シェアハウスとは、自分の個室以外のリビングやキッチン、お風呂などを共有する共同生活のスタイルのことです。よって光熱費やインターネットの費用は、家賃に含まれている場合がほとんどです。そのため一人暮らしをするよりも、月々の生活費を安く抑えることが可能になるでしょう。しかもメンバーが同じタイミングで入居した場合、途中から入るよりも家賃が安くなることもあります。シェアハウスに住みたいと考えている場合、新しくシェアハウスができる情報が入ったらチャンスですね。

家具や家電は元から付いている!

一人暮らしを始めようと考えた時、家具や家電を揃えるのに最低10万円はかかってしまいますよね。シェアハウスの場合、個室にはベットやカーテンや収納ケースなどの生活をする上で最低限必要になってくるものが元から付いている事が多いです。共有スペースには、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電も備わっています。またフライパンや鍋などの台所用品やバスマットなどのお風呂用品も備わっていて、シェアハウスに入居した日からすぐに生活出来るといったメリットがあります。また退去する際にも持っていく荷物がほとんどないため、余計な手間が省けます。

広いスペースで、ゆったりと!困った時には助け合う!

プライベート空間は個室だけですがリビングなどの共有スペースが広く、台所でお肉や魚を焼いてもにおいが体につくといった事がありません。またメンバーがいてるため、風邪をひいた場合など自分で何も出来ない状態になった時には薬や食べ物などの差入れがあったり、何か必要な物が出てきた場合にはメンバーと貸し借りが出来たりします。一人暮らしでは感じることの出来ない、人の温かみを感じることが出来ますよね。一人になりたい時は、個室にいたりとプライベートはしっかりと守られています。

シェアハウスは、ひとつの家をみんなで共有して生活する居住形態です。その魅力は、家賃のコストを抑えられることと、普段出会わないような人との交流が持てることです。