小物も大きなものも!1帖スペースのトランクルーム活用法

トランクルームについて

トランクルームは収納のためのスペースとして、毎月賃料を払って借りるものですね。トランクルームの用途は多岐にわたっており、たとえば家をリフォームするために一時的に荷物を置くスペースが必要である場合とか、本やCDが嵩張り過ぎたために保管場所としてトランクルームを利用するなどといった使い方があります。トランクルームには用途に合わせて大きさや広さの使い分けも可能であり、とりわけ1帖タイプのトランクルームは大きなものから小さなものまでいろいろなものを収納できます。

1帖タイプのトランクルームについて

1帖タイプのトランクルームは、ちょうど物置くらいの大きさがあって、ダンボールで換算するとだいたい70個くらいは置けるスペースがあります。1帖タイプのトランクルームは、トランクルームの中でももっともポピュラーでその物件数も多いです。都心部においては、敷地面積の狭い狭小住宅に暮らしている人も多く、トランクルームの使用頻度も高い傾向があります。1帖タイプのトランクルームは賃料も手ごろなうえに、たくさんのものを収納できるのでとても便利なのです。

どんなものを入れることができるのか

1帖タイプのトランクルームにはどんなものを入れることができるのでしょうか。中には湿度調整がされているトランクルームもあるので、湿気に弱い布団や洋服などの収納にも適していますね。中でも1帖タイプのトランクルームは、趣味に使うものを収納するスペースとしても重宝されます。ゴルフバッグやアウトドア用品、冬場にしか使わないスキー用具や釣竿なんかも収納できてしまったりします。幅だけでなく高さもあるので、背の高いものでも難なく入れることが可能ですよ

トランクルームはさまざまな利用方法があります。コタツやストーブなど、使うシーズンが決まっているものを預ける方法はおすすめです。