イメージとはだいぶ違っている翻訳というものの実際

翻訳の大半を占めているものとは

翻訳といえば、やはり文学作品である小説の翻訳、といったイメージを持っている人がほとんどでしょう。アメリカやヨーロッパをはじめ、世界各国の小説を翻訳で読んでいる、という人はたくさんいるからです。ところが、実際に翻訳の世界で圧倒的に多くを占めているのは、こうした小説というジャンルなのではなく、実務翻訳と呼ばれているジャンルなのです。このために、翻訳業界ではこの実務翻訳を専門に行っている、というところが大半を占めているのです。

製品マニュアルも翻訳であるものが

では、この実務翻訳とはどんなものなのかといえば、わかりやすい例としては、パソコンや各種電気製品のマニュアル、といったものが挙げられるでしょう。それが輸入品である場合、そのマニュアルの原語は英語などの外国語で書かれていますから、それを日本語に翻訳しなければなりません。最近では、そうしたマニュアルが何ヶ国語かで書かれていて、その中から日本語で書かれているところだけを読む、といったようになっているものもあるわけです。

実務翻訳が翻訳業界の最大需要を占めているわけ

実務翻訳には、こうした製品のマニュアル類のみではなく、会社の業務で使う業務マニュアルの翻訳もあります。こうした実務に用いられるマニュアル類というのは、各種の業界にわたっているわけですから、その量は膨大なものなので、そのための翻訳というものもまた、膨大な量のものとなります。このためには多くの翻訳量をこなさねばならなくなるために、この実務翻訳というものが、翻訳業界で最大の需要を占めているものとなっているのです。

日本語を機械翻訳にかければ、簡単に英訳することができます。しかし、英語は主語を重視する言語なので、日本文でも主語をしっかりと明記しないと、誤訳になる可能性が高くなります。